« 鎌倉時代(3) | トップページ | 風獅爺(1) »

2007年11月13日 (火)

岩見重太郎

Kono_1_3 京都府宮津市の天橋立のそばにある籠神社。

その参道にある狛犬は、石造のものとしては最古の日本式狛犬で、鎌倉時代にまでさかのぼるものと、一般には知られています。

鎌倉時代ということについては疑義を持たれているものの、これが古い狛犬で、作品として傑作であることは確かです。

Kono_2この狛犬の阿像の右前足には、切断したような痕があります。
これについて、このような伝説が流布されています。

籠神社の狛犬は作者の入神の作であったためか、しばしば天の橋立に暴れ出て、人々を困らせていた。そこで、仇討ちのために宮津にやって来ていた岩見重太郎が、暴れ出た狛犬の脚を切断したところ、怪異がやみ、それ以後は霊験あらたかな魔除の狛犬となった。

彫刻に彫られた動物・怪獣が、あまりの出来の良さに動き出す、という伝説は、左甚五郎伝説など、数多く見られます。
これもそのひとつと言えます。

ここに出てくる岩見重太郎とは、今ではあまり名を知られなくなりましたが、戦前までは人気の高い有名な豪傑の一人でした。
吉川英治が「宮本武蔵」を書くまでは、それより有名だったかもしれません。

宮本武蔵を引き合いに出したのは、実は同時代の人物とされているからです。

手元に明治20年刊の『絵本実録 岩見武勇伝』という本があります。
ここで描かれる岩見重太郎の物語とは、こんな話です。

小早川隆景の家臣・岩見重左衛門の次男である重太郎は、叔父である薄田七郎右衛門の養子となるが、あることから武者修行の旅に出る。
その留守中、実父の重左衛門が広瀬軍蔵ら三人によって騙し討ちされ、死去する。
重太郎の兄である重蔵と妹のお辻は、仇討ちの旅に出るが、重蔵は返り討ちにあい、旅先で身寄りを失ったお辻はやむなく遊女に身を落とす。
そのお辻と偶然再会した重太郎は事の次第を聞き、父と兄の仇を討つため、お辻とともに逃げ出すが、お辻を恋慕する男の姦計により捕らえられ、お辻は牢内で命を落とす。
どうにか牢を抜け出した重太郎が、狒々退治などの遍歴の末にたどり着いたのが宮津。
そこで宮津城主である中村式部大輔氏種の行列の中に仇の三人がいるのを発見。
重太郎は仇討ちの願いを申し出るも、暗君・氏種は家中の侍たちを三人の助太刀に出すことを決め、大勢で重太郎を討ち取ろうとする。
しかし、重太郎はそれをものともせず、天橋立で広瀬軍蔵らを討ち果たす。
仇討ちの後、小早川家に帰参した重太郎は、正式に薄田隼人正と改名し、家臣として仕えるが、小早川隆景の死去にともない浪人する。
それを知った豊臣家からの請いに応じて仕官した隼人正は、大坂夏の陣で、豊臣家に殉じて討ち死にする。

「岩見重太郎」は伝説上の人物ですが、後半生の「薄田隼人正」は実在の人物とされます。
よく知られていない「薄田隼人正」の前半生に、「岩見重太郎」をはめ込んだ形になっています。

さて、伝説というものは、大抵どこかにツッコミどころがあるものです。
「話の主人公が霊に呪い殺されたんなら、誰がこの話を伝えたんだ?」というような。

籠神社の狛犬の伝説の場合は「籠神社の狛犬が鎌倉時代のものだとしたら、岩見重太郎に斬られるまで、300年も暴れていたのかね?」となります。

いくら伝説でも、それは不自然でしょう。

にもかかわらず、こうして岩見重太郎が出てくるのは、この伝説を最初に語り始めた≪作者≫はこの狛犬をそんなに古いものだとは思っていなかったということになるのではないでしょうか。

もちろん、そんな細かいことは気にかけないのが「伝説」というものかもしれませんが。

では、この伝説はいつ頃生まれたものなのでしょうか。

昭和2年に刊行された『丹後史料叢書』全5巻は、丹後地方に関わる近世以前の文献を集めたものですが、近くにある宇良神社の浦島太郎伝説を取り上げた史料は複数あるものの、岩見重太郎伝説は出てきません。
伝説のみならず、籠神社の狛犬について言及した資料すらありません。

先の『絵本実録 岩見武勇伝』には、狛犬の話は出てきません。
ということは、有名な岩見重太郎にあやかって出来た「ローカル伝説」なのでしょう。

そう考えると、岩見重太郎伝説は、かなり新しいものに思えます。

と同時に、誰も300年の差にツッコミを入れずに今でも流布しているということは、今でこそ重要文化財ともてはやされる籠神社の狛犬も、地元では最近まであまり気にかけられていなかったのではないかという気がします。

« 鎌倉時代(3) | トップページ | 風獅爺(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉時代(3) | トップページ | 風獅爺(1) »