« 風獅爺(2) | トップページ | 室町時代(1) »

2007年12月28日 (金)

神の名の下の蛮行

「イエズス会宣教師が見た日本の神々」(ゲオルグ・シュールハンマー著 安田一郎訳 2007年 青土社)という本を書店で見つけました。
原書は1923年にドイツで刊行されたもので、フランシスコ・ザビエルについて研究していたドイツ人宣教師が、イエズス会士の書簡などから神道に関する文章を抜書きしてまとめたものです。

その中に興味深い記述がありました。

オルガンティーノの1577年の書簡にある記述だそうで、大まかな事の次第はこういうことです。

摂津の国の領主はオルガンティーノに、領内の一向宗徒をキリスト教に改宗させることを許可した。
ところが、領主の夢枕に天神=菅原道真が立ち、その後、諸事が上手く運んだため、これは天神様のご利益であるとして、天神様への感謝の祭礼を執り行うことにした。
その祭礼の最中、天神様が神主に憑依して、オルガンティーノらの所業を非難し始めたところ、何者かが神主に対して投石を始め、そのため祭礼に集まった人々は逃げ出した。

注釈によれば、この現場となったのは高槻市の上宮天満宮と推測されています。
書簡の年代から、事件は1577年よりも少し前ということになると思われます。
ということは、この領主とは高山右近もしくはその父の飛騨守友照ではないかと思われますが、いずれも熱心なキリシタンであり、その夢枕に道真が立ったので、その祭礼を開こうとしたというのは、解せない感じがしなくもありません。

それはともかくとして、興味をひかれたのは、神主(に憑依した道真)が非難したオルガンティーノらの所業です。

(略)ちょっとまえに、私は、四百人の人をここで洗礼し、それから彼の神殿に入って、私につき従ったキリスト教徒によってそこにある彫像を取り除かせました。キリスト教徒の少年たちが、早くも彫像の頭を切り落としていました。そのなかには、二頭の獅子[アマイヌとコマイヌ]がありました。異教徒たちは、この獅子を神の従者だと言っていました。私はそれをタカクスクィ[高槻]の砦〈略〉にもって行かせました。

つまり、オルガンティーノ主導のもと、キリスト教徒たちが天神社の神像類を破壊したが、その中に狛犬も含まれていた、という話です。

ちなみに、この本の表記は少々ややこしくなっていて、[ ]内は著者の、〈 〉内(ここでは省略した)は訳者の注釈となっています。

乱暴な話ですが、キリスト教に限らず、宗教の本質にはこうした排他性が不可避的に備わっていますから、避け得ない衝突ではあるでしょう。
こうした例は少なからずあったはずです。

私の手元には、その頃の外国人側から見た資料としてはモンタヌスの「日本誌」とケンペルの「日本誌」があります。

モンタヌスは、豊後におけるキリシタンとなった領主による寺社の破壊に触れていますが、これは大友宗麟のことでしょうか。
ケンペルは寺社の破壊について記述していませんが、イエズス会士たちの強引な布教が後のキリシタン弾圧を招いたとして批判しています。
ただし、その強引な布教方法に寺社の破壊が含まれるのかどうか、判然としません。

いずれにせよ、キリスト教が日本国内で広がっていく中で、日本の宗教との衝突が生じ、その結果として失われた狛犬が少なからず存在したであろう事が、この書簡からはうかがえます。

人間の信仰心は、狛犬も含む豊かな<美>を生み出す一方で、信仰の相違から他者のそれを<美>とは認めず、平然と破壊できる恐ろしさも持っています。

これを昔話だと言い切れる我々であれば幸せなのですが。

« 風獅爺(2) | トップページ | 室町時代(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風獅爺(2) | トップページ | 室町時代(1) »