« 岩見重太郎 | トップページ | 風獅爺(2) »

2007年12月25日 (火)

風獅爺(1)

以前、狛犬とシーサーの関係について、こんな文章を書きました。

この度、そこでシーサーの源流のひとつとして挙げた風獅爺を、台湾の金門島まで実際に観に行く機会に恵まれました。
その見聞をもとに、狛犬の隣人として風獅爺についてまとめてみます。

なお、以下の記述は、日本参道狛犬研究会会員のくにさんが個人的に翻訳された「金門風獅爺與辟邪信仰」(楊天厚・林麗寬著 2000年 稲田出版有限公司)に大きく依拠しています。

Youtaku_a 金門島は、台湾とは言っても、中国福建省厦門市の目前数キロの地点に浮かぶ島です。
古来、台湾海峡の交通の要衝として重要視されてきました。

この金門島は、乱伐によって森林が失われた島です。
伝説的には、清朝に対抗したかの鄭成功が軍艦を造るために木を切りつくした、とも言われますが、実際にはそれ以前に、元代に始まった製塩業に大量の薪が必要だったことや、明代に猛威を振るった倭寇の影響などがあり、以後も軍事的要衝としてたびたび戦渦に巻き込まれたことが、その原因であるようです。

Youtaku_b 元々、強い季節風の吹き荒れる島であった金門島は、森林を失ったことでさらに風害がひどくなり、それが鎮まることを願って人々が建てたものが風獅爺です。
ただし、人々が風獅爺の力によって防ごうとしているのは、現実的な風害だけではなく、いわゆる邪気といったものも、その中に含まれます。

ひとくちに風獅爺と言っても、その姿やあり方は一様ではありません。

Youtaku_c まずその姿ですが、金門島の風獅爺を代表する姿は、後脚で立った獅子を円柱状に作ったものです。
立ち上がっているために空いた前足には様々な呪物を持っています。
筆と印を持つもの、球と彩帯を持つもの、旗を持つものなどがあります。
後足の間にひょうたんの形で男性器を表したものはオスとされ、無いものはメスと見られているようです。

Sami 一方、南方系中国獅子を風獅爺としているものもあります。
沙美という集落にあるものを実際に見てきました。
これには風獅爺の別の呼び方である≪石獅爺≫の文字が刻まれています。

Gosuitou_a また、どこか日本の狛犬を思わせる蹲踞したタイプのものも見られます。
後水頭汶徳宮前の風獅爺は、色付けされていなければ、日本の神社にあっても、違和感がありません。

ちなみに、この色付けについて、現地ガイドは、金門島に駐留するようになった台湾軍の兵士たちがやり始めたことで、それ以前は着色されてはいなかったと話していましたが、正確なところはわかりません。

小型の風獅爺で、正面を向いて蹲踞しながら、腹の下を彫り抜いていないものがあります。
顔は扁平で、全体に四角い感じで、正面から見ると小さな石碑のような形をしています。
残念ながら、今回は実物を見ることが出来ませんでしたが、その姿は佐賀県に広く見られる≪肥前狛犬≫と呼ばれるものによく似ています。

Anki 金門島は石材の産出地でもあるので多くは石像ですが、セメントなどを用いた塑像や、陶器のものもあります。

さて、こうした風獅爺の設置場所は、大きく二つに分けられます。

まず、集落の外周部に設置され、集落を守る役割を与えられた、いわば≪公的≫な風獅爺があります。
集落の外周部に台座を設置し、その上に単体で設置されたものがほとんどです。

Gosuitou_b 実際に見てみて興味深かったのはその立地で、集落にある廟の敷地内やその周辺に設置されている例が目につきました。
風獅爺の設置場所は乩童(タンキー)と呼ばれる呪術師(現地ガイドは風水師と言っていた)が神託によって決めるということのようですが、集落におけるそうした霊的な場所というのは、廟と重なるものなのでしょう。
ただし、廟の建物の向きと、風獅爺の顔の向きはほとんど一致していません。

また、道路の交差したり分岐したりする場所にも設置されています。
道教では、長く真っ直ぐな道は邪気を発すると考えるようで、それを避けるためのものなのでしょう。

これに対し、個別の建物に設置される≪私的≫な風獅爺もあります。

Saisi_1 「金門風獅爺與辟邪信仰」ではそうした例をいくつも挙げていますが、今回実際に見ることが出来たのは瓊林という集落にある蔡氏宗祠と呼ばれる建物に設置された風獅爺です。
蔡氏宗祠は、蔡という姓を持つ一族の祖先の位牌を祀った祠です。
この風獅爺は、建物が入り組んで路地になっている中で、その路地が真っ直ぐその建物の裏側の壁面にぶつかってくる場所に、建物の壁面に埋め込まれるようにして設置されています。
これも路地をやって来る邪気から建物、ひいてはその中の人間などを守るものでしょう。

Saisi_2 金門島では、集落ではなく、こうした特定の建物に対して設置されたものも風獅爺と呼んでいます。

« 岩見重太郎 | トップページ | 風獅爺(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩見重太郎 | トップページ | 風獅爺(2) »