« 室町時代(2) | トップページ | 江戸時代(2) »

2008年1月29日 (火)

江戸時代(1)

江戸時代は、石造を中心とした参道狛犬が全国に普及していった時代です。
戦乱が治まり、社会の安定を背景に庶民の経済力が高まったことが、その大きな理由だと思われます。

参道狛犬の萌芽と思われるものが、戦国時代の終わり頃から見られることは先に触れました。
しかし、参道狛犬は、そこから一気に普及したということでもありません。

新たに政治の中心となった江戸を中心とする関東では、日光東照宮のものが最も古い参道狛犬(寛永13年=1636)とされ、江戸近辺では目黒不動尊(承応3年=1654)、川越の仙波東照宮(明暦2年=1656)、江戸府中では赤坂氷川神社(延宝3年=1675)あたりのものが最初期のものとされます。
しかし、数を増すのは、18世紀に入ってからになります。

数的に見てみます。

「参道狛犬大研究 東京23区参道狛犬完全データ」(日本参道狛犬研究会編 ミーナ出版 2000年4月16日)を見ると、寄進年のわかる150対の年代分布は

1603~1650=0
1651~1700=6
1701~1750=17
1751~1800=25
1801~1850=64
1851~1868=38

となり、18世紀に増加して、幕末に向けて急増する様子が分かります。

一方、関西については小寺慶昭氏の調査を参照してみます。

まず大阪府下では氏の自費出版の「大阪府の参道狛犬 参道狛犬調査報告書1」(2003年3月)によると、寄進年のわかる623対の年代分布は

1603~1650=0
1651~1700=0
1701~1750=6
1751~1800=78
1801~1850=416
1851~1868=123

となり、17世紀の狛犬こそないもの、18世紀後半から急増し、19世紀には爆発的に増加することがわかります。

また、京都府下について「京都狛犬巡り」(ナカニシヤ出版 1999年11月1日)では江戸時代の狛犬は166対あり、その年代分布は

1603~1650=0
1651~1700=0
1701~1750=1
1751~1800=8
1801~1850=81
1851~1868=76

となり、大阪と比較して数こそ少ないもののほぼ同様な傾向にあることがわかります。

もちろん、古いものほど破損などによって廃棄される可能性が高くなりますから、その分現存数が少なくなるのは当然のことですが、それでも19世紀の設置数が群を抜いていることは確かでしょう。

この江戸と上方以外の地域についても、状況は類似していると思われます。
私の限られた見聞の範囲内では、江戸・上方以外では大抵の場合、本格的に参道狛犬が普及するのは19世紀になってからのように思えます。
これは、それ以前の狛犬がないということではなく、場所によっては18世紀の狛犬が多く見られる地域もありますが、全国的に目につくようになるのは19世紀からだということです。

ちなみに、手持ちの資料で、複数の市町村にまたがる一定以上の領域を網羅的に調査したデータがあるものから、10年刻みの表を作ってみました。
上記の数値の基準もそちらに記載しました。
ご参照ください

« 室町時代(2) | トップページ | 江戸時代(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 室町時代(2) | トップページ | 江戸時代(2) »