« 明治以降(2) | トップページ | ほっかいどうの狛犬―その1 »

2008年2月10日 (日)

明治以降(3)

ところで、明治以降の狛犬には、画一化とは別の方向性も見えます。
それは伝統回帰とか、伝統への憧れといったものです。

つまり、歴史的に古く名品として著名な狛犬を模した参道狛犬が多く作られているということです。

量産型の代表、岡崎古代型狛犬はすでに触れたように大宝神社の神殿狛犬を模しています。
東京の鳥越神社の狛犬は、なぜか遠く離れた奈良の手向山神社の神殿狛犬を模しています。
逆に、東京都府中市の大国魂神社や、京都の八坂神社のものは、自社に伝わる古い神殿狛犬を模しています。

神殿狛犬以外では、和様の石造狛犬として現存最古とされている京都府宮津市の籠神社の狛犬を模したものが靖国神社や各地の護国神社で見られます。

単により古いものを求めただけで、偶然なのかもしれませんが、以上の狛犬は何れも鎌倉時代の狛犬とされているものばかりです(籠神社には異説もありますが)。

見た目にはバリエーションが増えますが、考え方として根底は繋がっており、少なくともこれを狛犬の個性化とは呼べないでしょう。

もう一つのパターンとして、≪作家もの狛犬≫の出現もあります。

この場合の≪作家もの≫とは、例えば幕末の名工・丹波佐吉のような優れた職人の作品ということではなく、芸術家などが独自にデザインしたものを指しています。
単発のものもありますが、靖国神社他の伊東忠太結城神社他の北村西望など、複数存在するものも見られます。

さて、今まで素材別にも言及してきましたので、ここでも触れておきます。

金属製の狛犬は、多く造られました。
上で触れた八坂神社のものや結城神社の≪西望狛犬≫もそうですし、捜せば全国に広く見られます。
ただ、残念なことに、戦時中、物資不足に陥ってもなお戦争の継続を求めた大日本帝国は、昭和17年、金属製品の供出を国民に命じたため、金属製の狛犬も少なからず供出され、失われてしまいました。
八坂神社には、もう1対金属製の狛犬がありましたが、供出されていますし、清水寺のものも供出されています。
三重県護国神社には、供出から帰還したという狛犬がありますが、これは稀有な例でしょう。
戦争がさらに継続されていたら、明治以降の新作のものは、軒並み鋳潰されていたかもしれません。

陶磁器では、昭和40年代までは伊部焼狛犬が製作されていたことが書物からわかりますが、その後も参道狛犬として継続して生産されているのかどうかは、個人的には岡山にゆかりもないのでよくわかりません。
ただ、製作されているにしても、それほどの数は作られていないのではないかと思います。

それ以外では佐賀県有田市の陶山神社のものであるとか、岐阜県瑞浪市の八王子神社の≪日本最大の狛犬≫といったものが散発的に製作されています。

目新しいところでは、コンクリート・セメント製の狛犬が存在しています。
新しい時代になって新素材が生まれれば、それによって狛犬が作られる可能性がまだあるということでしょうか。

以上をまとめれば、

  1. 神道の画一化にともない狛犬も画一化する。
  2. 伝統的狛犬を模したものが登場する。
  3. 作家ものが登場する。
  4. 新素材としてセメントが加わる。

これで現代に到達しましたので、今後、新たな展開が生まれることに期待しつつ、「狛犬の歴史」の概観を終えます。

« 明治以降(2) | トップページ | ほっかいどうの狛犬―その1 »

コメント

たいへんためになりました! ありがとう!

こちらこそ、ご拝読ありがとうございます。
でも、こう書かれるとやめないといけない気分になりますね(笑)

系統だった話はここまでで、個別の話はもう少し続けるつもりです。
と言っても、どういうことを取り上げていくかは、未定なのですが(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治以降(2) | トップページ | ほっかいどうの狛犬―その1 »