« ほっかいどうの狛犬―その3 | トップページ | カナダ先住民と狛犬―その2 »

2008年4月30日 (水)

カナダ先住民と狛犬―その1

カナダの木彫家、ジョン・マーストンとルーク・マーストンの兄弟と話しをする機会がありました。

彼らは、カナダの先住民のうち、ブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島に居住する≪コースト・セイリッシュ(沿岸セイリッシュ)≫と呼ばれる部族に属しています。
カナダの先住民は、現在総称して“ファーストネーションズ”と呼ばれていますが、大別するといわゆる“インディアン”と、かつては≪エスキモー≫と呼ばれていた“イヌイット”と、インディアンと白人の混血である“メティス”に三分されます。
北アメリカ大陸のカナダとアメリカにまたがって居住する“インディアン”のうち、大陸北西部の太平洋沿岸部に住む人々は、漁業を生業としており、豊富な水産物に支えられて、狩猟中心の内陸部の“インディアン”より定住性が高く、独自の文化を育んできたと言います。
≪コースト・セイリッシュ≫もその一つです。

≪コースト・セイリッシュ≫には、信仰習俗に関わる木彫として、よく知られた“インディアン”文化の一つである≪トーテムポール≫の他、儀式用の仮面も存在しています。
マーストン兄弟は、こうした伝統的な木彫を学び、それを基礎とした作品を制作している若いアーティストです。

さて、そのマーストン兄弟に、まずは「狛犬を知っているか?」と尋ねました。
残念ながら彼らは狛犬を知りませんでしたが、「これが狛犬だ」と言いながら、京都国立博物館の図録「獅子・狛犬」を見せたところ、「これはライオンかい?」と問い返してきました。

これは興味深いことです。図録に掲載されているのは鎌倉時代までの神殿狛犬です。
もちろん、実物のライオンを知らない工人が制作したものです。
ライオンを知らない日本人が作った狛犬を見て、狛犬を知らないカナダ人はライオンだと思ったわけです。

次に尋ねたのは、「≪コースト・セイリッシュ≫には、狛犬に該当するものは存在するのか?」ということでした。
はじめ、狛犬の説明として「神聖な存在や場所を守る動物」と言ったところ、「自分たちにとっては、それは熊だ」と答えました。
そこで、「狛犬は、神聖な存在や場所の前方に、左右一対にして置かれるものだが、熊の像をそのような置き方をするか?」と続けて尋ねたところ、「そういうことはしない」という答えでした。
「集落の入口に男女の人間の像を対にして立てるが、それは『歓迎』を意味するものだ」とも答えました。

拙い英語で、短時間に聞き出せたことは、この程度でした。

« ほっかいどうの狛犬―その3 | トップページ | カナダ先住民と狛犬―その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほっかいどうの狛犬―その3 | トップページ | カナダ先住民と狛犬―その2 »