« カナダ先住民と狛犬―その2 | トップページ | 狛犬は犬か―その1 »

2008年6月 1日 (日)

狛犬の起源説

ここまで、現存する狛犬を元にして狛犬を定義し(「狛犬の定義」)、それをライオンを源流とするものとして、古代オリエントから東アジアへのライオンの図像の伝播と(「狛犬の源流」・「東方へのライオンの伝来」)、日本に伝わった獅子が狛犬としてどのように発展していったか(「狛犬の歴史」)について概観してみました。

これは主に、形状に基づき、考古遺物などの具体的な物的資料をたどって、ユーラシア大陸全体に見られる≪ライオン文化≫の一つの流れとして、ユーラシア大陸の中の日本という巨視的な位置付けから概観してみたものです。

それに対して、この章では、日本において、狛犬をどういうものとして把握してきたのかという点について見てみます。

故に「狛犬の起源」ではなく「狛犬の起源説」とカテゴリーのタイトルをつけました。

日本人は、狛犬の起源はどういうものであると考えてきたのか、なぜそれを受け入れ、狛犬というものを作り出していったのか。

それを確認してみたいと思います。

・狛犬の正体は何の動物なのか?

・狛犬はどのような由来で存在しているのか?

この二つの切り口から、狛犬の起源説を見ていきたいと思います。

« カナダ先住民と狛犬―その2 | トップページ | 狛犬は犬か―その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カナダ先住民と狛犬―その2 | トップページ | 狛犬は犬か―その1 »