« 起源説のまとめ | トップページ | 石工の名前 »

2008年6月17日 (火)

琵琶と狛犬

何か≪狛犬≫に関係する文献がないかと「群書類従」に目を通している時に、ちょっと面白いものが目にとまりました。

「順徳院御琵琶合」というものです。
承久二年三月二日(1220)に行われた『琵琶合せ』という行事の記録です。

『琵琶合せ』というのは、どうやら名器とされる琵琶を集めて、一対一でその音色や音勢を比べて、優劣を決める遊びのようなもののようです。
この時、26台の琵琶によって、『琵琶合せ』が全十三番行われています。

その「三番」として「左花園 右狛犬」とあります。
つまり≪花園≫と≪狛犬≫という銘を持つ2台が『琵琶合せ』されたわけです。

その2台の評価と勝敗についての文章は、そんなに長いものではないので、以下に書き写してみます。

花園。有音勢。新造の琵琶也。凡近代の琵琶。五嶺嘉木五折殊材たやすからねば。半以花梨木造て。其中には聊りやらめく所あり。
狛犬。孝定琵琶也。本名師子丸。もとはこはいろかはきたるやうにて。したたかなるばかりなり。孝道伝得て後。様々につくろはしむといへども。無殊事。然近日仰孝道て。随造様てその音ことなる事をしらむため。折文梓割香檀て。新に造五六之琵琶これを試。次孝道造改此琵琶。仍其音事外に心づよくなれり。音勢もとよりはちいさくなりたれども。こはいろすこぶるしなある所出来。然而猶花園普通の琵琶にとりてはよきびはなり。仍為勝。

琵琶に詳しくないので材質や構造を指すのであろう専門用語についてはわかりませんが、大雑把に言えば、

≪花園≫は新しい琵琶であり、一方の≪狛犬≫は孝定から孝道に伝わった琵琶で、孝道によって改造されたもの。改造によって音勢は少し失われたが、音色は良くなった。しかし、≪花園≫は、歴史の無い普通の琵琶にしては良いものなので、こちらの勝ちとする。

といったところでしょうか。

ちなみに、『孝定』『孝道』とは、当時の琵琶の名手である藤原孝定・藤原孝道の父子のことでしょう。
名人親子が所蔵した琵琶が新作の琵琶に敗れるという皮肉な結果になったようです。

さて、面白いというのは、≪狛犬≫について「本名師子丸」と書かれていることです。
つまり、現在は≪狛犬≫と呼ばれているけれども、本来の名は≪師子丸≫である、ということです。
藤原孝道による改造によって名称が変わったのか、それ以前に変更されていたのか、そのあたりはわかりませんが、≪師子丸≫が≪狛犬≫になったわけです。

それが、≪獅子≫と≪狛犬≫の関係を前提とした改名であることは間違いないでしょう。

ところで、≪師子丸≫という名は、この琵琶にとどまらず、琴などいくつかの楽器にも用いられている名のようです。
また、同じ名を持つ琵琶にまつわる伝承が「三代実録」などに記載されているそうです。

藤原貞敏は、渡唐し、琵琶師に師事して曲を習い、それを会得し、帰国にあたって≪玄象≫≪青山≫≪師子丸≫の三台の琵琶を譲り受けた。ところが、海が荒れて、船が出港できない。これは、龍神が名器の音色を惜しんでいるのだろうということで、龍神に奉げるために≪師子丸≫を海に沈めたところ、海がおさまったので、残りの2台の名器を日本に持ち帰った。

要約すると、こういう話です。 ≪師子丸≫の名が複数見られるのは、これにちなんだのでしょうか。
もちろん、海に沈められたのですから、≪狛犬≫と改名された琵琶は、これとは別物です。

それにしても、この≪狛犬≫という琵琶は、その後どうなったのでしょうか。
「狛犬 琵琶」で検索をかけてみましたが、特に何もひっかかってきません。
専門家にとってはともかく、ネット上で網にかかるレベルでは、名を残していないようです。

狛犬ファンとしては、ちょっと残念なところです。

« 起源説のまとめ | トップページ | 石工の名前 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 起源説のまとめ | トップページ | 石工の名前 »