« 狛犬と獅子舞――まとめ | トップページ | 「神事行燈」の狛犬 »

2008年7月30日 (水)

権現様

先日、獅子頭の古例を紹介した際に「なお、鎌倉時代末期から獅子頭の遺存例が増えることには、信仰に関わる別の理由が存在していると考えられますが、それは後で別項を立てたいと思います」と書きました。

それが権現様信仰です。

町田市立博物館の図録「獅子頭―東日本を中心に―」(1996年)に収録された『獅子の芸能』(山路興造)という解説文によると、権現様信仰は獅子舞の持つ魔を払う力を修験者が利用して民間信仰に持ち込んだものだと言います。

中世に東北で活動した紀州熊野系の山伏が、神の依り代として獅子頭を≪権現様≫と称して崇め、熊野信仰を広めるにあたって、この権現様で舞を行い、祈祷を行ったのだそうです。
そう言えば、背中に獅子頭の入った箱を背負って歩く熊野修験を描いた絵を見たことがあります。

この権現様信仰は、東北で獅子舞のことを権現舞と呼ぶ例があるように、舞を伴うものであったはずですが、次第に獅子頭そのものへの信仰へと変化していきます。

雑誌『日本の石仏 120号』(2006年冬号)の特集「珍しい石仏120」の中に「権現様」が出てきます。
それによれば、岩手県盛岡市周辺の山では、山中に石造の獅子頭を祀っているところが多数存在するのだそうです。
当然のことながら、石で出来た獅子頭は獅子舞には使用できません。
獅子頭自体が信仰の対象であることの証左でしょう。

「病の信仰と・伝説」(松田義信 東洋出版 2001年)には、山形県西村山郡西川町稲沢の獅子の口諏訪神社にまつわる信仰が紹介されています。
この地方では、頭の病は「鍋かぶり地蔵」(寒河江市)、腹の病は「ドジョウ観音」(山県市)、腰から下の病は「獅子の口様」と言われ、婦人病やいぼ(痔?)・脱腸を患っている人は、この諏訪神社で「おかぐら」と呼ばれる獅子頭を授かって来てお供えすると平癒するとの伝承があるのだそうです。

この「おかぐら」は、同書の写真図版を見ると、獅子頭のミニチュアのようです。
そうした、獅子頭のミニチュア玩具は、これ以外にも存在します。

「日本の郷土玩具」(斎藤良輔 未来社 1962年)では、山形県の酒田ジシや埼玉県の鴻巣練物の弓ジシなど、日本各地の郷土玩具の中に獅子頭が存在していることを紹介しています。

郷土玩具は、現在のオモチャと違い、一種の縁起物であり、民間信仰の一形態でもあります。
そうした郷土玩具の多くは近世以降に広まったものと考えられます。
時代が下がるにしたがって、より一層庶民化していく様子がうかがえます。

それに比べると、狛犬は、それ自体に対する信仰は≪足止め信仰≫が目立つくらいで、上記の獅子頭に対するもののように本格的かつ広範な信仰は見られません。

このあたり、起源を同じくしながら、獅子頭と狛犬でなぜこんなに差が出来てしまったのかと、不思議な気がします。

« 狛犬と獅子舞――まとめ | トップページ | 「神事行燈」の狛犬 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 狛犬と獅子舞――まとめ | トップページ | 「神事行燈」の狛犬 »