« 真夏の夜の夢――穏田神社の狛犬はどこから来たか(6) | トップページ | 伊東忠太の狛犬を追って(1)――「善ちゃんの狛犬」の謎―― »

2020年1月 3日 (金)

真夏の夜の夢――穏田神社の狛犬はどこから来たか(7)

7.李王家説

 

もうひとつの可能性は、李王家である。
李王家とは、李氏朝鮮(大韓帝国)の王家(高宗・純宗・李垠ら)が明治43年の日韓併合に際して王族として日本の皇族に準じる待遇を与えられたものである。

 

小松宮彰仁親王の三島別邸は、小松宮彰仁親王の没後、明治45年(1912)に李王家に譲与された。
『読売新聞』明治45年6月4日付には「李王家御新邸 故小松大将宮御別邸」との記事があり、三島別邸を李王家に譲与すると書かれている。
李王家の中でも世子と呼ばれた李垠が三島別邸を「昌徳宮」と呼んで、主に夏の別邸として利用した。

 

こうした経緯への礼として、李王家が小松宮頼子妃もしくは小松輝久侯爵に獅子像を贈った可能性も考えられる。

 

三島別邸を引き継いだ李王家では、建物の一部を増築するなどの手を加えている。
また、庭内に遺っている石造物の中には朝鮮半島式の燈籠もあり、明確な記録はないものの、李王家が持ち込んだものである可能性がある。

Pb301837

Pb301830


だとしたら、その時に獅子像も朝鮮半島から運び込み、小松宮頼子妃に謝礼の品として贈ったとしてもおかしくはない。

 

李垠はその後、大正9年(1920)4月に梨本宮守正王の娘・方子女王と結婚したことで知られている。
それについて「大元帥と皇族軍人 大正・昭和編」(小田部雄次 2016年 吉川弘文館)の中に

 

「朝鮮王室との結婚は、やや格下に思われていた面があったのも事実だが、朝鮮王室の所有する林野、水田、宅地、美術品やその他の利権は、日本の皇族をはるかにしのぐものがあった。李垠と方子は、他の皇族たちから蔑みと嫉妬の交じった感情で見られていた面があり、それだけに、李垠は帝国軍人として模範的な姿を見せようと努力した。」

 

と書かれている。

 

もっとも、李王家は三島別邸を昭和2年に売却している。
その目的は李垠夫妻の世界一周旅行の資金捻出にあったとされる。
その価格はおよそ30万円で、三島市に打診があったが、市の年間予算28万円を超える額だったため、市は購入出来ず、三島在住の実業家・緒明圭造が購入することとなった。
李王家が現金化して自由に出来る資産は限られていたのだろう。
なお、三島別邸は昭和27年(1947)に緒明家から三島市が購入しており、現在は楽寿園として一般公開されている。

 

もう1点、気になることもある。
「渋谷区勢要覧 昭和12年版」によると、常磐松町101には既述の東伏見宮邸の他に、久邇宮別邸、李鍵公邸、李鍝公邸もあった。
李鍵と李鍝はともに李垠の甥にあたり、公族と扱われていた。
「大東京市渋谷区全図」(木谷彰佑著 1932年10月)によると、道路に囲まれた一区画の東半分が東伏見宮邸、西南端が李公邸になっている。そして、道路を挟んで北側に小松侯爵邸がある。
こちらからの繋がりはないのだろうか。

 

李鍝は昭和20年8月7日、前日に広島で原爆に遭い被爆死したが、李鍵は平成2年(1990)まで存命だった。昭和22年に公族の地位を失った後、桃山虔一を名乗り、昭和30年に日本国籍を取得している。
李鍵がいつまで常盤松に住んでいたかわからないが、公族の地位を失った昭和22年ではないかと推測される。
その時に、李邸からすぐ近所の小松邸に移されたという可能性もあるのではないか。

 

さて、東京都神社庁のサイトでは「詳しい出自は不明だが、首の下に「飾帯(しょくたい)」(正装時の飾り帯)を付けていることから朝鮮の狛犬と見られる」としている。
この記述の信憑性については措くとして、確かに、左の像の後ろに反り返ったような姿は、朝鮮半島的には思える。

Pb171708

ただ、実物を見て思うのは、仮にも朝鮮半島の王家だった者が日本の皇族に贈るものとしては、あまり出来の良いものとは言えないということだ。

 

ただ、極めて歴史的価値が高いということならば話は別である。
時代が古いとか、朝鮮を代表するような建築物に付随したものであるとか、価値を高くする要素は様々に考えられる。

 

『朝鮮総督府月報』大正元年(1912)11月号に李王家に関わる資産として廟(2)、殿(6)、宮(11)、陵(50)、園(12)、壇(1)、墓(31)があることが書かれている。
この113ヶ所もの場所の中には獅子像が設置されている場所だってあっただろう。
そうした所にあったものならば、歴史的価値は高い。

 

しかし、それを解き明かすだけの証拠が見つからない。

 

真相を見つけ出すには、まだ資料を探さないといけないが、とりあえず今わかっていることを書き留めてみた。

 

皆さんはどうお考えになるだろうか?

 

« 真夏の夜の夢――穏田神社の狛犬はどこから来たか(6) | トップページ | 伊東忠太の狛犬を追って(1)――「善ちゃんの狛犬」の謎―― »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の夜の夢――穏田神社の狛犬はどこから来たか(6) | トップページ | 伊東忠太の狛犬を追って(1)――「善ちゃんの狛犬」の謎―― »