« 伊東忠太の狛犬を追って(5)――靖国神社と弥生神社―― | トップページ | 狛犬スッタモンダ(1) »

2020年4月18日 (土)

伊東忠太の狛犬を追って(6)――樺太に残る謎――

かつて私が一部写真提供した「僕の見た大日本帝国」(西牟田靖 2005年)および「写真で読む 僕の見た「大日本帝国」」(西牟田靖 2006年)の中に、ロシア・サハリン州立博物館前にある1対の石像が紹介されています。

P4114750

特に後者には「ユジノサハリンスクの狛犬」という一項があります。

 

このユジノサハリンスクの狛犬が靖国神社型狛犬なのです。

 

自分ではまだ訪ねていないので、こちらのブログを参照してください。

 

現地では、樺太護国神社にあったものとされており、実際、古写真から、そのことは裏付けることができます。

 

こちらこちらをご覧ください。

 

日露戦争で日本領となった北緯50度以南の樺太、いわゆる南樺太には、日本統治時代に多くの神社が作られました。
その代表であり、最高位の官幣大社だったのが樺太神社です。
これは伊東忠太によって設計されました。

 

樺太護国神社は、その樺太神社に隣接していましたが、伊東忠太の設計ではありません。そこになぜ靖国神社型の狛犬があったのでしょうか。
その事情は判然としませんが、その作者については意外なところから判明しました。

 

靖国神社の狛犬の原型を製作した新海竹藏について調べるうちに、彼を追悼して出された「新海竹藏作品集」(国画会彫刻部 1969年)に行きあたりました。その巻末の年譜に、昭和10年(1935)9月に新海竹藏が、「樺太護国神社に建立の狛犬を製作」との記述があるのです。
さらに、同じ昭和10年の4月には「山形県護国神社社頭の狛犬成り24日献納式」との記述もあります。

 

同じ時期に製作されたのなら、姿が似ているのかもしれないと思い、樺太は遠いので、山形市に足を運んでみました。

P4258764

P4258767

P4258769

P4258778

実際に見てみると、山形県護国神社の狛犬は、頭部の角度が異なるだけで、靖国神社型狛犬と言ってもいいような特徴的なものです。

 

その一方で、尻尾は靖国神社とは異なります。
それは、むしろweb上で見ることのできる樺太護国神社のものとよく似ています。

 

これらの狛犬について、伊東忠太の関与があったのか、はっきりしたことはわかりません。
なんと言っても、山形県は伊東忠太の出身地であり、新海竹蔵の出身地でもあります。
ただ、「伊東忠太建築作品」に掲載がないところを見ると、関与はないのでしょう。
と言うことは、伊東忠太の狛犬のデザインを新海竹藏が流用したのではないでしょうか。

伊東忠太には話を通していたのか、新海竹蔵が伯父・新海竹太郎以来の関係性の中で、勝手知ったるものとして独自にデザインを使用したのか。

山形県護国神社はそれでいいとして、樺太護国神社の方はどういう事情があったのか。

はっきりしないことがまだありますが、今わかる範囲でご紹介してみました。

 

最後に少しおまけ。

参照したブログの写真を見ると、博物館の庭に鯨の骨が置かれています。

実は、以前こんなことを書いたことがあります。

野外に置かれた骨が、何年くらい持ちこたえられるものかわかりませんが、もしかしたら、かつてどこかの神社の鳥居だったのではないかと、想像してしまいます。

謎はつきません。

« 伊東忠太の狛犬を追って(5)――靖国神社と弥生神社―― | トップページ | 狛犬スッタモンダ(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊東忠太の狛犬を追って(5)――靖国神社と弥生神社―― | トップページ | 狛犬スッタモンダ(1) »