« 狛犬スッタモンダ(1) | トップページ | 福島神社に狛犬はいたか »

2020年11月12日 (木)

狛犬スッタモンダ(2)

さて、牛天神北野神社の狛犬の作者として「運慶」の名が出てくる。
前回の各種記述から、「江戸名所図会」「江戸志」が成立した18世紀後半には、この狛犬は運慶の作と言われていたことはわかる。
前回、徳川光圀の名が息子の松平頼常よりも前面に出てきてしまったのは明治以降だと推測してみたが、それより前から運慶の名は出ていたことになる。

 

だが、果たしてこれは運慶作の狛犬なのだろうか。

 

運慶作とされる狛犬としては重要文化財に指定されている八坂神社の狛犬がある。

 

https://kunishitei.bunka.go.jp/heritage/detail/201/3511

 

リンク先に写真がないので、私が持っている古い絵葉書のものを載せておく。
これをモデルにしたものが、現在東山通り側の楼門の前にある狛犬だ。

Photo_20201111233301

その他、検索してみると、いくつか運慶作とされる狛犬が見つかる。

 

談山神社

 

http://www.tanzan.or.jp/about/culture.html

 

大國魂神社

 

https://www.ookunitamajinja.or.jp/homotsu/homotsu-03.php

 

清水寺境内の地主神社には、運慶奉納とされる狛犬があるようだ。

 

https://www.jishujinja.or.jp/history/monogatari/winter.html

 

手向山八幡宮の狛犬も運慶作とされているようだ。

 

http://www.komainu.org/nara/narasi/tamukeyama/tamukeyama.html

 

一方、運慶の子・湛慶の作とされる狛犬が高山寺にある。

 

https://kosanji.com/about/national_treasure/

 

こちらには、阿形の洲浜座の裏に「嘉禄元年」(1225)の銘があると言うことなので、その分信憑性が高い。
ちなみに、運慶はこの前年に亡くなっている。

 

重文指定されている八坂神社のものと、高山寺のものは、作風に似た感じがあるように思う。
これが慶派の作風だとすると、談山神社や大國魂神社のものも少し怪しげに見えてくる。

手向山八幡宮のものに関しては、伊東史朗氏があえて古い時代の作風を取り入れたのではないかと考察されている論考があり、八坂神社・高山寺のスタイルとかけ離れているのは、それで説明はつく。

 

https://www.kyohaku.go.jp/jp/pdf/gaiyou/gakusou/15/015_sakuhin_a.pdf

 

しかしながら、牛天神のものが運慶の作とは信じがたい。

 

牛天神の神殿狛犬の写真と、神社の見解はこちらにある(ページの下の方)。

 

http://blog.livedoor.jp/km1133462-komainu_fun/archives/1603199.html

 

そもそも、御所・宮中というのは有職故実によって形成されてると言っても良い。
一度作られた形式は、みだりには手を加えたり変更したりしない。
当然、狛犬も、時代によって新調されたり、補修されたりしただろうが、前例を踏襲したものと思われる。
そう考えた時、現在京都御所にある狛犬と比較して、牛天神のものは随分と姿が異なる。

 

http://www15.plala.or.jp/timebox/top/05komamori/75/seiryoden.html

 

牛天神の狛犬が、御所から江戸城、水戸家を経てやって来た狛犬だとしたら、それは奇異な事に思える。

 

実は、「寺社書上」を見ると、興味深い事がわかる。
当時は神仏習合だったので、牛天神の境内にも本地堂があり、そこに十一面観世音が本尊として祀られているのだが、それについて「木立像丈七寸運慶ノ作」と書かれている。
さらに末社の護摩堂には不動明王が祀られており、それについても「木立像運慶作丈一尺一寸八分」とある。

2


また、金杉天満宮の別当・龍門寺(現在は廃寺)についての記述もあるのだが、そちらには本尊の阿弥陀如来、脇侍の観音勢至、いずれについても「恵心僧都作」と書かれている。

 

平安時代の恵心僧都(源信)、鎌倉時代の運慶の作品が、そういくつも転がっているはずはない。
ここまで来ると、神社の箔をつけるために、有名人の名を騙ったのだろうと疑いたくなる。

 

例えば、ヨーロッパの教会では信者を集めるために、自分の教会には「聖遺物」(キリスト教の偉人の骨や所持品など)があると喧伝する事が多々あった。
時に、その「聖遺物」の争奪戦が行われたりもしたという事を「盗みの文化誌」(泥棒研究会編著 青弓社 1995年)という本によって知った。
もちろん、「聖遺物」がそんなにいくつも都合よく存在するわけはなく、捏造されたものも存在した。
オカルト界で有名な「トリノの聖骸布」なども、結局はそういうものなのだと私は思っている。

 

仏教でも、釈迦の骨が入っているという仏舎利の中身を世界中から集めたら、「北京原人の逆襲」もビックリの巨人ができあがるだろう。

 

宗教とは、人間の聖性と俗性、その両方の極地を示すものなのだ。

 

だから神社から言われた事を素直に受け入れるような事はためらわれる。

 

一応、そういう結論にしておく。

 

« 狛犬スッタモンダ(1) | トップページ | 福島神社に狛犬はいたか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 狛犬スッタモンダ(1) | トップページ | 福島神社に狛犬はいたか »