« 話が長い狛犬(3) | トップページ | 東照宮と狛犬(1) »

2021年12月 3日 (金)

話が長い狛犬(4)

この狛犬は、本編サイトでも紹介しているが、長い銘文というと、どうしても思い出すので、改めて取り上げてみる。

 

三重県津市にある三重県護国神社の社前にはブロンズ製の狛犬がある。
特異な姿をしているうえに、口元は阿阿になっている奇妙な狛犬だ。

Img_6183_1

Img_6184_1

Img_6186_1

Img_6187_1

Img_6192_1

Img_6200_1

 

この狛犬の台座にはブロンズ製の銘板が嵌め込まれている。

 

向って右側の台座には

 

「奉納/青銅狛犬 壹對/昭和三十二年十月吉日/桑名市矢田町/遺族 伊藤軍市郎/右世話人/桑名市江場町/水谷喜郎/桑名市東方町/平林儀三郎/鈴鹿市若松町/樋口博」

 

とある。

Img_6189_1


一方、左側には、以下の文章が刻まれている。

 

「狛犬由来記
 桑名市矢田町/遺族伊藤軍市郎氏献納
此の青銅狛犬は大東亜/戦に應召せるも疎開先に/て終戦となり無傷のまま/鍋吉工場に復員せり
今回護国神社造営に際/志英霊奉護の御使として/卒先奉納さる寔に奇特の/至りにて其の敬神篤志永/く後昆に可傳
 昭和三十二年十月造営竣工記念
 三重県護国神社宮司 林栄治記」

 

Img_6197_1

 

また、石造の台座部分には

 

「御造営記念/狛犬台石奉納/四日市/山本石材有限会社/山本□□」

 

の文字が見える。

Img_6201_1

 

三重県護国神社は明治2年(1869)に津藩主・藤堂高猷が津八幡宮に設けた表忠社を起源とし、「招魂社」「官祭招魂社」と社名を変え、昭和14年(1939)に三重縣護國神社となった。
現在地に移ったのは明治42年(1909)だが、昭和20年7月(1945)の空襲により被災。
焼け残った本殿を含め、再建造営されたのが昭和32年(1957)で、この青銅狛犬は、その際に奉納されたものということになる。

 

この狛犬について、三重県護国神社のサイトに詳述されている。

 

なぜ、この狛犬が阿像のみの1対なのかについての記述は、疑問だらけだが、一旦、不問に付すとして、ここに重要なことが書かれている。
奉納者を「桑名市の鍋吉鋳造所の鋳物師 伊藤軍市郎氏」としていることだ。
銘文ではそこまでは明記されていない。

 

そこで「伊藤軍市郎」を検索してみたところ、どうやら伊藤軍市郎の鍋吉鋳造所は梵鐘を多く手がけていたようで、以下の寺院の梵鐘は伊藤軍市郎の作とされている。

 

正願寺(岐阜県安八郡神戸町)昭和23年8月奉納
瑞応寺(三重県員弁郡東員町)昭和23年10月奉納
了順寺(三重県桑名市)昭和33年4月奉納
影現寺(奈良県葛城市)昭和36年4月奉納

 

影現寺以外は、戦時中の供出で失われた梵鐘を再建したものであることが伝わっているようだ。

 

銘文の「鍋吉工場」が鋳造所で、「伊藤軍市郎」が鋳物師だとなると、様々に考えるべきことがある。

 

鋳物師のような金属加工の専門家は、金属類回収令にどのように関わったのか。
軍需物資の生産には、どう関与したのか。

 

そうした過程の中で、伊藤軍市郎はどう振る舞い、そして、狛犬はなぜ鍋吉鋳造所に残されたのか。

 

いろいろな可能性が思い浮かぶ。

 

○供出された青銅狛犬を鋳つぶして金属材料にするため、鍋吉鋳造所に運び込まれたが、伊藤軍市郎はこの狛犬を鋳つぶすことをためらい、作業を後回しにしたため、「無傷」で終戦後まで残された。

 

○この狛犬は鋳物師である伊藤軍市郎自身の作品で、一度はどこかの神社に設置されたが、鋳つぶすために戻されてきたので、供出したくなかった伊藤軍市郎が隠匿しておいた。

 

○銘文に「遺族 伊藤軍市郎」とあるように、伊藤家の誰かが戦死しており、狛犬はその人物が作ったものであるため、遺品として供出せずに置いておいた。

 

といった想像ができる。

 

もちろん、いずれも根拠のない妄想に過ぎず、真相はわからない。

 

だが、真相はどうあれ、狛犬のたどった数奇な運命の中に、伊藤軍市郎の苦悩が感じられる。

 

« 話が長い狛犬(3) | トップページ | 東照宮と狛犬(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 話が長い狛犬(3) | トップページ | 東照宮と狛犬(1) »