« プカラの牛(1) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(1) »

2022年11月18日 (金)

プカラの牛(2)

「プカラの牛」巡回展の会場にあった小冊子には、プカラの牛のデザインの意味と色の意味が列挙されています。

 

デザインの意味
・出っ張った目=自分解析や現実に対する広い視野
・上に曲がった舌=教育。物事に対する適切な言葉と敬意
・渦巻=相互共生の原則。あたえたものが全て返ってくる
・鎖の輪=精神の統制。覚醒への過程
・取手=知識、精力や創造的エネルギー
・背中の穴=生命の誕生。水を使う仕事。種と受精
・荷鞍=自己実現のために人が払った犠牲

Kimg4441

 

色の意味
・黒色=自我・誕生
・緑色=経済繁栄・健康
・青色=信頼・忠誠・友情
・赤色=愛・満足感
・黄色=喜び・幸運
・天然色=家族の守護

Kimg4420

Kimg4470

Kimg4418

Kimg4469

Kimg4410

Kimg4468

 

小冊子によると、デザインの意味は「主に愛情と子宝に関するもの」で、「取っ手は夫婦円満を表し、上部の穴は受胎に関連していると言われています」とあります。

 

前回、司祭の勧めで闘牛用の牛の装飾を取り入れたということに触れましたが、それに続けて、このような記述があります。

 

「教区内ではスペイン人の陶芸家による教室も開かれ、雄牛は額に十字架、背中に鞍をつけるようになりました。」

 

しかし、会場に展示されていたプカラの牛には十字架は見られませんでした。
そして、上記の説明のように、十字架には言及がありません。
十字架をスペイン人から推奨されたされたものの、現在では民族意識から排除したというところでしょうか。

 

屋根の上に飾ることについては、「家の安全を見守るだけでなく、幸運や繁栄をもたらすとも信じられ、新築祝いの贈り物としても好まれている」と書かれています。
そして、「屋根に飾るときには、必ずオスとメスをセットにする。つがいは夫婦をあらわすという」とあります。

 

確かに、展示されているプカラの牛は、男性器のあるものとないものがセットになっているようです。
ただ、女性器を表現したものはありませんでした。

Kimg4413

Kimg4426

 

背中の穴を「生命の誕生」や「種と受精」と捉える上記の説明から考えると、背中の穴は女性器を意味すると考えることもできそうですが、全ての牛にあるので、少し強引かも知れません。

 

いずれにせよ、アンデスの伝統文化とキリスト教の混ざり合った新しい文化なので、どう捉えるべきかは難しいところです。

 

しかし、よく考えれば狛犬も外来文化を受容するにあたって、それを日本的に変化させたものと言える訳ですから、その意味でも「狛犬の隣人」と言えるでしょう。

 

« プカラの牛(1) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プカラの牛(1) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(1) »