« 郷土玩具の狛犬(2) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(4) »

2023年11月26日 (日)

郷土玩具の狛犬(3)

埼玉県本庄市の久下東遺跡での狛犬の出土は、点数が少なく、物足りません。

 

もう少し出土事例がないものかと、web検索したところ、《広島城跡法務総合庁舎地点》という遺跡から狛犬が出土していることを知りました。

 

この遺跡は「ひろしまWEB博物館」というサイトによると、以下のように説明されています(mの数値は元サイト自体で欠字になっています)。

 

「広島城天守閣の南東約mに位置し、外堀(八丁堀)の一部と、外郭(広島城の三重目の郭)にあった武家屋敷地などからなります。ここは、18 世紀には「御用屋敷」という藩の役所があった場所で、江戸時代以前の建物や塀、井戸などの跡や、明治時代以降の軍関連の施設跡、陶磁器や木製品、銭貨などの大量の遺構や遺物を確認しました。
 また、江戸時代の広島城下で起きた最大の火災「宝暦の大火」(1758年)のときのものと考えられる火災処理の跡を、発掘調査として初めて確認しました。」

 

発掘は2005年6月17日~2007年2月2日に行われ、2009年に報告書「広島城跡法務総合庁舎地点」(広島市文化財団文化科学部文化財課)が出ています。

 

残念ながら、報告書は「狛犬」にフォーカスを合せて構成しているわけではないので、報告書のここだけを見れば出土した「狛犬」の全容がわかるというようにはなっていません。

 

そもそも、玩具類は器物類と違って研究の中心にはありません。
形態の変遷を通じて編年を考える形式学に、上手く落とし込めない部分があるからです。
出土点数も多くはないので、体系的に研究するのも困難です。

 

閑話休題。

 

そこで、「遺構と遺物」「遺物観察表」「遺物写真」「遺物実測図」の各章から、「狛犬」について抜き出し、重複を整理した結果、以下のようになりました。

 

(A)「狛犬」として紹介されているもの=13点
(B)「狛犬」とはされていないが、狛犬に関わるもの=3点

 

なお、恣意的な選択ですが、

 

(C)狛犬ではないが、参照すべきもの=4点

 

があります。

 

これらについて、詳しく見ていこうと思いますが、文字だけで紹介されているものは検討しようがありません。
「遺物写真」もしくは「遺物実測図」が掲載されているもの、(A)7点、(B)3点、(C)4点、を取り上げてみようと思います。

 

「遺構と遺物」の章の記述では、狛犬の出土した遺構の推定年代は18世紀前半から19世紀代とされています。
したがって狛犬も、一部は明治にかかる可能性はありますが、概ね江戸時代のものであることは確かなようです。

 

« 郷土玩具の狛犬(2) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(4) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 郷土玩具の狛犬(2) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(4) »