« 2023年11月 | トップページ

2023年12月

2023年12月17日 (日)

郷土玩具の狛犬(6)

では、以上をまとめてみます。

(A)のうち、実際は狐であると考えられる(3)を除く6点は、施釉軟質陶器製のものが3点、素焼きのものが3点に分かれます。

施釉軟質陶器の(1)(6)(7)は、それぞれ特徴にバラツキがあり、大きさでは(1)(高さ3.2㎝)と(6)(7)(4.1~4.3㎝)が異なり、台座の有無では(6)だけが台座付きになっています。
(6)と(7)は同じ土坑から出土していながら、特徴が異なっています。
(6)(7)は18世紀前半、(1)は年代不明。

(2)(4)(5)は、紹介する際に私の判断で「無釉」と書きましたが、要は素焼きです。
大きさでは(2)(5)は共に高さ3.7㎝に対し、(4)は高さ5.5㎝で、2つに分かれます。
一方、すべて台座付きです。
(2)(5)は18世紀後半(2が1780~90年、5は1770年代)、(4)は19世紀第1四半期とされているので、(4)がやや新しいことになりますが、大きな差はありません。

これだけを見ると施釉軟質陶器の方が古く、素焼きの方が新しいようにも見えますが、点数が少ないので、何とも言えません。

(1) がやや小さく、(4)がやや大きいですが、概ね高さ4㎝前後の小さなものです。
そうした点からすると、いわゆる箱庭玩具であって、実際的な仏具・神具ではないでしょう。
また、蒐集し愛玩するような鑑賞物としての玩具でもないでしょう。

興味深いのは(B)グループです。
(8)(9)(10)はいずれも、天神像に狛犬が付随しているものです。
獅子・狛犬が日本に伝来した頃の金銅仏の形態を思い出させます。

(8)は天神が露座、(9)(10)は祠に入っています。

(8)は頭部が欠損した状態でも残存高が6.1㎝あり、(9)は5.8㎝、(10)は3.7㎝です。
(10)は箱庭玩具でしょうが、(8)は観賞用かも知れません。
ただ、仏具・神具ではないでしょう。

(8)(10)は18世紀後半以降と見られていますが、(9)が出土したのは広島の宝暦大火(1758年)の処理土坑と考えられていますので、18世紀前半までのものということになります。

広島城跡の出土品だけの判断ですが、狛犬単独、もしくは狛犬を付随する人形は、18世紀に入ってから普及したもので、主として箱庭玩具となるような小型のものであり、様々なタイプが併存していた、とまとめられるでしょうか。
つまり、産地や作者は複数存在したのでしょう。

これに埼玉県本庄市の久下東遺跡の1点も交えて考えると、東国の庶民の墓地からも、西国の武家屋敷からも発見されていることになり、かなりの広がりがあったと言ってもいいのではないでしょうか。

事例は少な過ぎますが。

そして、こうした「狛犬」が、「郷土玩具事典」類で取り上げられてこなかったのは、好事家が愛玩するような「芸術性」を備えていなかったからなのでしょう。

歴史の隙間にこぼれ落ちてしまった狛犬と言えます。

2023年12月10日 (日)

郷土玩具の狛犬(5)

(B)「狛犬」とはされていないが、狛犬に関わるもの

 

(8)
E-1 SK68土坑より出土。
18世紀末以降。
無釉。
型合わせ、中実、底部に円錐形の孔。
「遺構と遺物」本文には「天神人形」、「遺物観察表」には「天神」としか書かれていないのですが、狛犬を付随しています。
遺存は左半身のみで、天神の頭部は欠損しています。
3段の台座の上に天神の座像が載っていますが、台座側面に1段の台座に載った狛犬がくっついており、まとめて一体で作られています。
狛犬は蹲踞、顔は左横向き、阿吽は不明です。
縦尾で、実測図からは尾の左側だけに渦巻があります。
残存高6.1㎝。

E1sk68_a

E1sk68_b

 

 

(9)
F-3 SK287土坑より出土。
宝暦大火の処理土坑です。
無釉。
型合わせ、中実、底部に円錐形の孔。
「遺構と遺物」および「遺物観察表」には「天神」としか書かれていないのですが、狛犬を付随しています。
天神像を納めた祠の向かって右に狛犬が表現されています。
完形ならば左右に狛犬が付随したと思われます。
実測図からは、狛犬は蹲踞で顔は左横向きと思われますが、阿吽は不明です。
高さ5.8㎝。

F3sk287_b

 

 

(10)
G-3 SK53土坑より出土。
18世紀後半以降、19世紀第2四半期までの遺構。
無釉。
型合わせ、中実、底部に小孔。
「遺構と遺物」および「遺物観察表」には「天神」としか書かれていないのですが、狛犬を付随しています。
天神像を納めた祠の左右に狛犬が付随しています。
実測図からは、狛犬は蹲踞で顔は横向きと思われますが、阿吽は不明です。
高さ3.7㎝。

G3sk53_b

 

 

(C)狛犬ではないが、参照すべきもの

 

(11)
F-3 SK20土坑より出土。
19世紀第2四半期の遺構。
無釉。
型合わせ、中実、底部に径4㎜の孔。
高さ4.4㎝。
「遺構と遺物」および「遺物観察表」では「獅子」とされています。
台座があり、その上に四足で伏せています。
尾は細長い紐状に見えます。
実測図を見ると、台座には唐草模様が表現されているようです。
また、背中には縞模様があるようです。
たてがみらしい表現も見えませんし、これは「虎」ではないでしょうか。
また、場合によっては「ヘテ」でもおかしくないように思われます。

F3sk20_b

 

 

(12)
F-1 SK58より出土。
「遺構と遺物」では「遺構として掘りあげたが、土層の一部である可能性が高い」とされています。
年代的には19世紀第3四半期までの遺物が見られると書かれています。
無釉。
型合わせ、中実、台座なし、底部に円錐形の孔。
蹲踞、頭部が欠損。
残存高5.0㎝。
「狐」とされていますが、頭部がないので断言は出来ません。
気になるのは狐らしい太い尾が無いことで、写真を見る限り、そんな太い尾が欠損しているようには見えません。
一方、実測図を見ると、細く短い紐状の尾があるように見えます。
下記のように、「犬」は出土しているので、これも犬かも知れません。
ただ、下記の犬は首輪があることと、尻尾の尖端を丸めていることが共通しています。
しかし、この遺物では首輪が確認できず、尻尾は巻いていません。
そのことからすると、「狼(山犬)」の可能性もなくはありません。
もっとも、ここまで「無釉」として紹介してきたものはいずれも素焼きで、最終的に彩色して完成させるものです。
製作する際に、彩色の際の目印程度にしか考えていないということもあり得ますので、塗装のない状態のものであれこれ考えても無駄かも知れません。

F1sk58_a

F1sk58_b 

 

 

(13)
E-2 SK4土坑より出土。
1750年頃の遺構。
無釉。
型合わせ、中実、台座なし、底部に円錐形の孔。
高さ7.3㎝。
蹲踞、顔は左横向き、長めの垂れ耳、尾は短いものを丸め込んでいるようです。
首輪があります。
ほぼ完形なので、犬であることは確実です。

E2sk4_a

E2sk4_b

 

 

(14)
K-3 SK416土坑より出土。
18世紀前半の遺構。
無釉。
型合わせ、中実、台座なし、底部に円錐形の孔。
高さ4.5㎝。
「遺構と遺物」では「犬と鞠」、「遺物観察表」では「犬に鞠」とされています。
蹲踞、顔は右横向き、長めの垂れ耳、首輪があります。
実測図を見る限り、尾は細長い紐状のものの尖端を丸め込んでいるようです。

K3sk416_a

K3sk416_b

 

2023年12月 3日 (日)

郷土玩具の狛犬(4)

では、選んだ14点を個別に見ていきます。

 

例えば「D-2 SK40」というのは、前半は遺跡内を区分けしてつけた番号で出土区画を表わし、後半は出土した遺構の番号です。
推定年代は報告書に従っています。

 

(A)「狛犬」として紹介されているもの

 

(1)
B-2 1層より出土。
この狛犬の出土地点については、報告書に遺構としての説明文がありません。
近代以降に形成された地層から出土したようです。
この地層には、幕末から明治期の遺物が混じっているということで、正確な年代は不明です。
全体に鉛釉がかかり、一部に緑釉がかかっています。
緑釉の位置には少し模様があり、前肢後肢とも走り毛を表現しているようです。
型合わせ、中実(内部が詰っていて中空ではないということ)。
阿形、蹲踞、顔は左横向き、枝分かれのない縦一本の尾、台座なし。
高さ3.2㎝。

 

B2_1_a_20231118145101

B2_1_b_20231118145101

 

 

(2)
D-2 SK40土坑より出土。
遺構は出土陶器から1780~90年が下限と見られますが、もう少し下がる可能性があります。
無釉。
型合わせ、中実。
吽形、蹲踞、顔は右横向き、台座があり、台座底部に小孔があります。
実測図からは3方向に枝分かれした縦尾に見えます。
頭上に突起が確認できますが、おそらく角でしょう。
高さ3.7㎝。

D2sk40_a_20231118145101

D2sk40_b_20231118145101

 

 

(3)
D-2 SK46土坑より出土。
遺構は1810年以降幕末までのもの。
無釉。
型合わせ、中実。
蹲踞、縦尾、台座があり、底部に径6㎜の孔があります。
残存高4.8㎝。
報告書では狛犬とされていますが、頭部が欠損しており、厳密には狛犬かどうかはわかりません。
むしろ、尻尾の先にわずかにくびれがあり、尖端が宝珠らしき形に見えるので、尾の先端に宝珠を載せたタイプの狐と考える方が妥当だと思われます。

D2sk46_a_20231118145101

D2sk46_b_20231118145101

 

 

(4)
H-1 SK221土坑より出土。
19世紀第1四半期の遺構。
無釉。
型合わせ、中実。
吽形、蹲踞、顔は右横向き、縦尾、台座あり。
頭上の突起は角でしょう。
高さ5.5㎝。

H1sk221_b

 

 

(5)
K-2 SV5溝状遺構より出土。
1770年代に廃棄された遺構。
無釉。
型合わせ、中実。
阿形、蹲踞、顔は左横向き、台座があり、底部に小孔。
実測図からは3方向に枝分かれした縦尾に見えます。
高さ3.7㎝。

K2sv5_a

K2sv5_b

 

 

(6)
L-3 SK312土坑より出土。
18世紀前半の遺構。
全体に黄釉がかかり、一部に緑釉。
型合わせ、中実。
阿形、蹲踞、顔は左横向き、台座あり。
縦尾で、実測図からは尾の右に渦巻があります。
左は欠損しているようですが、完形なら尾の左右に渦があると思われます。
緑釉の位置は頭部と尾部で、たてがみと尻尾の毛並みに彩色しているようです。
高さ4.3㎝。

L3sk312_1a

L3sk312_1b

 

 

(7)
(6)と同じL-3 SK312土坑より出土。
全体に黄釉がかかり、一部に緑釉。
型合わせ、中実。
阿形、蹲踞、顔は左横向き、縦尾、台座なし。
縦尾で、実測図からは尾の左右に渦巻があります。
緑釉の位置は頭部と尾部で、たてがみと尻尾の毛並みに彩色しているようです。
高さ4.1㎝。

L3sk312_2a

L3sk312_2b

 

« 2023年11月 | トップページ