« 郷土玩具の狛犬(4) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(6) »

2023年12月10日 (日)

郷土玩具の狛犬(5)

(B)「狛犬」とはされていないが、狛犬に関わるもの

 

(8)
E-1 SK68土坑より出土。
18世紀末以降。
無釉。
型合わせ、中実、底部に円錐形の孔。
「遺構と遺物」本文には「天神人形」、「遺物観察表」には「天神」としか書かれていないのですが、狛犬を付随しています。
遺存は左半身のみで、天神の頭部は欠損しています。
3段の台座の上に天神の座像が載っていますが、台座側面に1段の台座に載った狛犬がくっついており、まとめて一体で作られています。
狛犬は蹲踞、顔は左横向き、阿吽は不明です。
縦尾で、実測図からは尾の左側だけに渦巻があります。
残存高6.1㎝。

E1sk68_a

E1sk68_b

 

 

(9)
F-3 SK287土坑より出土。
宝暦大火の処理土坑です。
無釉。
型合わせ、中実、底部に円錐形の孔。
「遺構と遺物」および「遺物観察表」には「天神」としか書かれていないのですが、狛犬を付随しています。
天神像を納めた祠の向かって右に狛犬が表現されています。
完形ならば左右に狛犬が付随したと思われます。
実測図からは、狛犬は蹲踞で顔は左横向きと思われますが、阿吽は不明です。
高さ5.8㎝。

F3sk287_b

 

 

(10)
G-3 SK53土坑より出土。
18世紀後半以降、19世紀第2四半期までの遺構。
無釉。
型合わせ、中実、底部に小孔。
「遺構と遺物」および「遺物観察表」には「天神」としか書かれていないのですが、狛犬を付随しています。
天神像を納めた祠の左右に狛犬が付随しています。
実測図からは、狛犬は蹲踞で顔は横向きと思われますが、阿吽は不明です。
高さ3.7㎝。

G3sk53_b

 

 

(C)狛犬ではないが、参照すべきもの

 

(11)
F-3 SK20土坑より出土。
19世紀第2四半期の遺構。
無釉。
型合わせ、中実、底部に径4㎜の孔。
高さ4.4㎝。
「遺構と遺物」および「遺物観察表」では「獅子」とされています。
台座があり、その上に四足で伏せています。
尾は細長い紐状に見えます。
実測図を見ると、台座には唐草模様が表現されているようです。
また、背中には縞模様があるようです。
たてがみらしい表現も見えませんし、これは「虎」ではないでしょうか。
また、場合によっては「ヘテ」でもおかしくないように思われます。

F3sk20_b

 

 

(12)
F-1 SK58より出土。
「遺構と遺物」では「遺構として掘りあげたが、土層の一部である可能性が高い」とされています。
年代的には19世紀第3四半期までの遺物が見られると書かれています。
無釉。
型合わせ、中実、台座なし、底部に円錐形の孔。
蹲踞、頭部が欠損。
残存高5.0㎝。
「狐」とされていますが、頭部がないので断言は出来ません。
気になるのは狐らしい太い尾が無いことで、写真を見る限り、そんな太い尾が欠損しているようには見えません。
一方、実測図を見ると、細く短い紐状の尾があるように見えます。
下記のように、「犬」は出土しているので、これも犬かも知れません。
ただ、下記の犬は首輪があることと、尻尾の尖端を丸めていることが共通しています。
しかし、この遺物では首輪が確認できず、尻尾は巻いていません。
そのことからすると、「狼(山犬)」の可能性もなくはありません。
もっとも、ここまで「無釉」として紹介してきたものはいずれも素焼きで、最終的に彩色して完成させるものです。
製作する際に、彩色の際の目印程度にしか考えていないということもあり得ますので、塗装のない状態のものであれこれ考えても無駄かも知れません。

F1sk58_a

F1sk58_b 

 

 

(13)
E-2 SK4土坑より出土。
1750年頃の遺構。
無釉。
型合わせ、中実、台座なし、底部に円錐形の孔。
高さ7.3㎝。
蹲踞、顔は左横向き、長めの垂れ耳、尾は短いものを丸め込んでいるようです。
首輪があります。
ほぼ完形なので、犬であることは確実です。

E2sk4_a

E2sk4_b

 

 

(14)
K-3 SK416土坑より出土。
18世紀前半の遺構。
無釉。
型合わせ、中実、台座なし、底部に円錐形の孔。
高さ4.5㎝。
「遺構と遺物」では「犬と鞠」、「遺物観察表」では「犬に鞠」とされています。
蹲踞、顔は右横向き、長めの垂れ耳、首輪があります。
実測図を見る限り、尾は細長い紐状のものの尖端を丸め込んでいるようです。

K3sk416_a

K3sk416_b

 

« 郷土玩具の狛犬(4) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(6) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 郷土玩具の狛犬(4) | トップページ | 郷土玩具の狛犬(6) »